着物が1枚でもコーディネートは楽しめる

着物を何枚か買いたいが、しまうスペースがなく、1枚しか買えないと言う人もいるでしょう。1枚だけだとコーディネートが楽しめないと考えるでしょうが、そんなことはありません。帯を3本揃えましょう。帯が3本もあれば、着物が1枚でもコーディネートは楽しめます。帯と言うのは、それほど大きな役割を持っているわけです。そう言うこともあって、帯を集めるのが趣味と言う人もいます。色々な帯があるので、まずは調べてみましょう。呉服屋に行くと、必ず勧められるのがつづれ帯です。パリッとした素材でかたさがありますが、使っているうちに柔らかくなってきます。体に沿うようになると、嬉しくなると言う人も少なくありません。また、つづれ帯は帯を結ぶのが苦手な人におすすめです。渋いイメージがありますが、最近は可愛い柄のつづれ帯も増えました。

成人式に着る着物について

一生に一度しかない成人式は、素敵な着物で出席をしたいです。しかし、着物は購入するとどのくらいお金がかかるのか心配になります。そのため、まずは、相場を調べましょう。成人式は、振袖を着ます。振袖を着るときには、小物がたくさん必要になります。着物をたくさん持っている人は、長襦袢や、腰帯など必要な小物を持っていますが、最近の人は洋服しか着ないので小物を持っていない人が多いです。そのため、最近は振袖を購入するときには、必要なこともがセットになっていることが多いです。安い振袖であれば、五万円から10万円くらいで一式揃えることもできます。高いものになると100万円以上するものもあります。相場は、一式セットで20万円から30万円くらいのものを購入する人が多いです。購入をするときは、お店の人に予算を伝えておくと、予算の中から理想の振袖を選んでくれます。

結婚式に着物を着よう

結婚式に参列するときに、着物を着ていくと、会場が華やかになるため、新郎新婦だけでなく、新郎新婦の親族の人にも喜ばれることが多いです。未婚の場合は、振袖を着ることができます。成人式に振袖を購入した人は、同じ振袖を着て参列しても問題ないです。しかし、花嫁も和装をする場合は、色がかぶらないように気をつけましょう。既婚の人や、未婚でも30代以上になると、振袖ではなく訪問着を着る人が多いです。訪問着は胸元にも模様があるので、華やかになります。振袖に比べて、袖が短く、いろんな場所で着ることができます。結婚式に着る着物として、留袖もありますが、留袖は、新郎新婦の母親や、姉妹などの親族がいるのが一般的です。そのため、友人の場合は、留袖ではなく、振袖や、訪問着を着るようにしましょう。着物を着るときには、そして、髪型はアップにしたほうがすっきりします。